Dead by daylight

【初心者向け】デッドバイデイライトのサバイバーでランクを上げる方法

デッドバイデイライトで勝てない人「デッドバイデイライトで勝てない..。脱出ができない。ランクが上がらない。周りの人に迷惑かけてる。配信者の人はなんであんなに勝てるんだろ。キラーが強すぎる。

こういった疑問にお答えします

本記事の内容

・デッドバイデイライトのサバイバーでランクをあげる方法
・初心者おすすめパーク
・キラーの立ち回りを理解する3つのこと
・実践してみよう

僕も最初はよくキラーにやられていました。
今ではサバイバー、キラーのランク1、2(通称:赤帯)の位置でプレイできている状況です。

キラーに関しては得意・不得意があるので全てのキラーで勝てるわけではありませんが、ランクはさがらずに維持できております。

これは「ガチ初心者向け」の記事になります。

とりあえずランク10を目指す。初心者向けに「あわよくばランク1桁台にしたい」を解説していきます


配信者の長くチェイスができたり、カッコよくプレイしたいを目指してもまだ難しいです。
まずは、「どんなかたちでも生き延びる」を学んでいきましょう

初心者が「少しずつ強くなる」に必要な方法をお伝えします。

デッドバイデイライトのサバイバーでランクを上げる方法

  結論、簡単にランクはあげれます

デッドバイデイライトのシステムではランクが低い人同士が当たるシステムを採用しておりキラーも初心者が多いです。昔はガチでやっており、ランクが下がって今は初心者帯と同マッチングの可能性もあるため一部それらのキラーとも当たりますが稀です。

※2021年1月のデッドバイデイライト公式よりスキルレーティングシステムの再告知がありました。スキルレーティングシステムとはランクでマッチングされるわけでなくそのプレイヤーの戦績に見合ったプレイヤーとマッチするというシステムです。

・デッドバイデイライトのサバイバーでランクをあげる方法

デッドバイデイライトでランクを上げるためにはゲーム内で採用されている「得点表」を理解しないといけません。得点表とは大きく分けて4つに分類されます。

目標

主な項目は「修理・スキルチェック・共同作業・ゲート開放・チェスト調査・ハッチで脱出

生存

主な項目は「脱出・治療・もがき・フックから脱出・オブセッションになる

協力

主な項目は「救援・再会・妨害・フック救助・治療・共同作業・スキルチェック

大胆

主な項目は「キラーをひるませる・心音範囲内・チェイス全般・トーテム、罠破壊」

もっと細かく分類はされますが、マッチングにおいてこれらのポイントを頭に入れていただきます。
各項目で最大「8,000」を上限と設けております。合計で32,000になるます。
ランクを上げるためには20,000点を目指してマッチを終えるようにプレイします。
※20,000点取っても各項目の内訳が悪ければ上がらない場合もあります。せ類はされますが、マッチングにおいてこれらのポイントを頭に入れていただきます。各項目で最大「8,000」を上限と設けております。合計で32,000になるます。ランクを上げるためには20,000点を目指してマッチを終えるようにプレイします。

※正式にはPIPといういポイントが各カテゴリーに内訳られております。ここで説明すると複雑且つ混乱を招く形になりますので詳しくは次回記事にまとめて説明したいと思います。

デッドバイデイライト初心者に陥りがちな項目として少し発電機回してよくわからないうちに他のサバイバーが発電機を回し終えてなんとなく脱出できた。

これはランクが下がる可能性があります。脱出できてもランクが下がるこれがデッドバイデイライトのランクシステムになります。
しかし、逆手をとると、脱出で稼げる生存ポイントが稼げなくとも他の3カテゴリーのポイントを稼げばランクを上げることができます

特に稼ぎ辛いのがカテゴリーになります。それでも上を良く見て下さい。
罠はキラーによってない場合がありますが、トーテムを壊すだけでもポイントは稼ぐことができます。
見かけたら積極的に壊すことで大胆ポイントを稼ぐことが可能です。各マップ5個配置されていますので見かけたら壊していきましょう。
ただし、トーテムばかり壊していると他のカテゴリーが稼げないのでトーテムを探す旅は程ほどにしましょう。

目標、協力カテゴリーの稼ぎ方は非常に単純で他のサバイバーと発電機を回す、治療してあげる。
これだけです。でも、どうやって他のサバイバーとやるのか?それはこれから解説していきます。

初心者おすすめパーク

デッドバイデイライトの初心者が一番稼ぎやすいカテゴリーが目標、協力カテゴリーです。
この記事で覚えて頂くパークはたった2つだけです。
そのパークを今から解説していきます。

絆(通称:ボンド)
【効果(tier1/tier2/tier3)】
(20/28/36)メートル以内にいる仲間のオーラを可視化する

有能の証明
【効果(tier1/tier2/tier3)】
4メートル以内で発電機を修理している生存者は、修理速度が15%上昇する。範囲内の生存者全員にも同じ上昇が適用される。
共同作業で取得するブラッドポイントが(50/75/100)%増加する。

このゲームの主人公格の「ドワイト」の固有パークになります。
「絆」を最大限に活かして他のサバイバーと積極的にコンタクトを取りましょう。
そして出会ったらできる限り一緒に発電機を回しましょう。

これだけで目標・協力カテゴリーのポイントは容易に稼ぐことが可能です。

またポイントとは関係ありませんがおすすめ初心者サバイバーという記事も公開しておりますので
下の概要から入ってください。

デッドバイデイライト  無課金初心者おすすめサバイバー はじめたもののどのサバイバーを使えばいいかわからない。パークもわからない。そんな方に向けた今回最もおすすめするサバイバーをご紹介します...

キラーの立ち回りを理解する3つのこと

あなたが初心者なようにキラー側も初心者の場合が非常に高いわけです。
つまり、キラーの気持ちに立って行動すればいいわけです。

キラー使ったことないからわからないだけど..
キラーってどういうこと考えてるの?

ここではキラーの立ち回りを鑑みて3つのポイントを押さえておきます。
この3つのポイントを押さえておけばゲーム内では終始優勢に立ち回ることができます。

キラーが一番最初に行うことがサバイバーの探索

キラーが儀式直後に行うのはサバイバー探しです。だから各発電機を周回してくるわけです。まだ発電機に触っていない状態でキラーがその発電機を見に来たら次にそこに来る時間は
1分程かかります。発電機は道具やパークに頼らなければ一人で回した際の時間は80秒程かかります。これが他のサバイバーと回したり、道具を使用すれば更に短くなるわけです。
まずは、一番最初に誰かが吊るされる前に1つの発電機を回し終わることを目標にしましょう

心音が聞こえてきたら積極的に隠れよう

キラー側からしたら発電機が回っていれば木の裏側、建物の中はくまなく探してきます。心音が聞こえてきたからと言って走って逃げると8秒間キラー側には走った形跡を見ることができます。可能な限り歩いて動きましょう。いくらその発電機が回っているからと言って他の発電機を蔑ろにすることはできません。サバイバーが見つからなければすぐに他の発電機に移動します。
※たまにフェイントで戻ってくるので気を付けましょう

他のサバイバーが吊るされた場合はパーク「血族」で解決

フックに吊るしたサバイバーにやたら執着するこのゲーム内用語で「キャンプ」を行うキラーが初心者帯キラーだけでなく、上級者にも多く見受けられます。上級者の場合戦略的キャンプを行い優位に動くため敢えてキャンプする人もいますが、初心者帯の場合それはないでしょう。せっかく吊るしたサバイバーを逃したくないという一心でキャンプします。そういったキャンプ対策のパークで他の記事でも紹介した「与えられた猶予」というパークで解決なのですが、今回の記事では省略させていただきます。別途下に概要リンクを添付するのでそちらから入ってください。

無理に救助を行うと自分のポイントの減点にも繋がりますので周りと連携して救助してあげることが必要です。そこで役に立つパークが「血族」になります。

血族とは【効果(tier1/tier2/tier3)】
あなたが吊るされているとき、生存者のオーラが他の生存者全員から視えるようになる。殺人鬼が(8/12/16)メートル以内にいるとき、他の生存者全員に殺人鬼のオーラが視えるようになる。
自分以外の生存者がフックに吊るされている場合、他の生存者全員のオーラを視ることができる。殺人鬼がフックに吊るされた生存者から(8/12/16)メートル以内にいる場合、殺人鬼のオーラを視ることができる。

周りの人が発電機を回してれば、あなたが救助を、誰かが救助にむかっているならあなたは発電機を。キラーが常にフックに張っているようであれば関係なく周りの人と発電機を回すか周りの人と救助に向かうかを選択する必要があります。
フレンドと一緒にプレイしていないのであれば連携をとるのが非常に困難なゲームなので「血族」を使って周りと連携をとっていきましょう。

実践してみよう

というわけで、以上になります。

これらを実践し、ランクを上げ「脱初心者」を目指しましょう。

最後にひとこととランク上げおすすめサバイバーを紹介して終わります。

最後の一言:怖がらずに儀式では積極的に動いていこう

俺ドワイト
絆と有能の証明もってるよ。
だから森に置き去りにしないで

ABOUT ME
bushikamen
主にゲーム、ガジェットの紹介の紹介を行っています