キャプチャボード

【高画質】おすすめ外付けキャプチャーボード【2022年】

キャプチャーボードはSwitchやPS4、PS5のようなゲーム機をPCに移してゲーム配信やゲームの録画をすることができます。

Switchは録画機能はあってもゲーム配信機能はありません。一方PS4、PS5ではゲーム内機能により一部制限はありますが、録画機能だけでなくゲーム配信をすることができます。

今回はUSBで手軽に利用できる外付け型を紹介します。外付け型に向いている方はPCに詳しくない方やノートPCをメインに使用している方に適しています。

私もキャプチャボードを使用しておりました。その経験を踏まえSwitchやPS4、PS5で手軽に配信や録画を検討している方へおすすめの外付けキャプチャーボードを紹介していきます。

キャプチャーボードは必要か?

それだとPS5の人はキャプチャーボードいらないね。

キャプチャーボードを使うメリットはたくさんあるのよ

  • ゲーム配信機能(Switchは大きなメリット)
  • 有料の動画編集ソフトが付属しているものがある
  • 高画質で録画、配信が可能
  • 高音質のマイクが使える

Switchでゲーム配信を考えている方は迷う必要はないでしょう。
PSでプレイしている人は視聴者の為により高画質で配信をしたい方には必須となります。

SwitchやPS5のゲーム配信しているほとんどの有名実況者はキャプチャーボードを使用しているのよ

なんで?

キャプチャーボードの方が高画質で配信もできるし、高音質なマイクも使用できるからよ

それはわかるけど、別に配信できればいいんじゃないの?

わかってないわね。映像が荒かったり、音質が悪かったすると離脱率が上がってしまうのよ

せっかく配信を見てくれる視聴者がいるのに映像が低画質だとすぐ抜けられたら配信している意味ないわよね

ゲーム配信の目的って視聴者に見てもらう事でしょ。映像が低画質だったら二度と来ないと思うわ

キャプチャーボードをおすすめできる方
  1. 高画質なゲーム映像を配信したい方
  2. Switchでゲーム配信をしたい方
  3. 機能制限なく配信したい方
キャプチャーボードが不要なかた
  1. 現在の機能で十分な方
  2. ゲーム配信はするけどこだわりない方

良いキャプチャーボードは1万円以上するものが殆どです。価格が高いのがキャプチャーボードのデメリットです。数千円で買えるものがありますが私はおすすめしません。

おすすめキャプチャーボード

おすすめするキャプチャーボードを3つ紹介します。

今回紹介するキャプチャーボードは全てパススルー機能がついているものになります。

パススルー機能とは映像の遅延を抑えて外部出力する機能です。キャプチャーボードを使用すると少なからず映像と音声にズレが生じます。視聴者には違和感しかありません。パススルー機能はそのズレを抑える機能で視聴者にストレスを与えることなく配信することが可能になります。

Elgato(エルガト)HD60X

HD60Xは2022年4月に発売された新商品です。HD60S+の上位互換商品です。

最大入出力解像度4K/60fps(HDR 10)、1440p/120fps、1080p/240fps
最大録画解像度4K/30fps、1440p/60fps、1080p/120fps・60fps(HDR 10)
接続HDMI 2.0 ※(VRR対応)
エンコード方式ソフトウェアエンコード

VRR(可変リフレッシュレート)映像を見ながらゲームをしている場合に処理の重い場面などでfpsが下がってしまい多少コマ落ちしてしまうケースがあります。そのコマ落ちをしないよう滑らかにゲーム映像をみながらプレイすることができます。

AVerMedia(アバーメディア) GC553

GC553はElgato(エルガト)HD60Xと同等性能と機能が備わっております。

また、付属でPowerDirector 15 for AVerMediaという動画編集ソフトが無料で利用できます。録画した動画をこだわってアップロードしたい方には別途動画編集ソフトを用意することができるためコストパフォーマンスも優れています。
今回紹介する動画でとにかく高画質にこだわりたい方におすすめできます。

最大入出力解像度4K/60fps(HDR)または1080p/240fps
最大録画解像度4K/30fps(HDR)、1440p/60fps(HDR)、1080p/120fps
接続HDMI 2.0
エンコード方式ソフトウェアエンコード

I-O DATA(アイ・オーデータ)GV-USB3/HDS

最大入出力解像度4K/60fps、1080p/120fps、1080p/60fps(HDR)
最大録画解像度4K/30fps、1080p/120fps、1080p/60fps(HDR)
接続HDMI
エンコード方式ソフトウェアエンコード

GV-USB3/HDSは上記で紹介した2つの機種よりも価格を抑えて購入することができます。

AVerMediaのGC553と同じでPowerDirector 18 for I-O DATAという動画編集ソフトが無料で付いてきますので、本体価格を抑えつつ、動画編集ソフトが欲しい方にはおすすめです。

まとめ

Switchでスプラトゥーンを配信するにはキャプチャーボードが必須になります。

いつも見ている配信者のクオリティの高いものはキャプチャーボードを使用しています。
今回紹介したものは有料の動画編集ソフトがついてくるものありキャプチャボード一つでなんでもできるようになります。

ぜひ、自分にあったキャプチャボードを選んでよりよいゲームライフをおくりましょう。

ABOUT ME
bushikamen
主にゲーム、ガジェットの紹介の紹介を行っています