ゲーミングヘッドセット

【H3と比較】最強ゲーミングヘッドセット【GSP602】

長年FPSの実力者から多く人気多方面で品薄になっているゲーミングヘッドセットがAmazonのプライムデーで格安に手に入ったのでレビューしたいと思います。

オーディオメーカーとしても非常に有名な「EPOS」のゲーミングヘッドセットです。
プロゲーマーも多く利用しているメーカーで名前は聞いたことがあるという人も多くいると思います。

その中でも今回ご紹介させていただくのが「GSP600シリーズ」というゲーミングヘッドセットです。
価格はヘッドセットの中では非常に高額な部類になります

先に結論を述べるとどのヘッドセットよりも頭一つ抜けていると感じてました。

実際に使用したレビューをまとめてみました。

G602の同梱物と外観

the EPOSといったデザイン
3.5mmミニピンケーブルと取り扱い説明書

EPOS定番のイヤーサイドの音量調整ダイヤル

これも定番のフリップミュート

外観・装着所感(H3と比較)

・本体重量396gと重め。H3は275g非常に軽い
・EPOSならではの安定したフォルム
・イヤーパッドはしっかりと耳を包み込みしっくるくる。H3はやや小さめ
・密閉型ということで没入感は高い(夏は暑い)
・側圧はきつくもなく、緩くもなく。筆者は頭がやや大きいですがストレスはなし
・イヤーサイドでボリュームの調整が可能
・マイク上向きはミュート、下向きにするとミュートオフになります。こちら脱着できないタイプですので外して使いたい方は注意。

基本スペック

・メーカー:EPOS

・価格:28,800円

・タイプ:密閉型

・周波数特性:10ー30kHz

・インピーダンス:28Ω

・音圧レベル:124 dB SPL @ 1 kHz, 1V RMS

・マイク:周波数特性:10 Hz– 18Hz
     感度:-47 dBV/PA
     極性パターン:双指向性、ノイズキャンセリング


・接続:3.5mm 端子、PC用ヘッドホン/マイク端子

・重量:約395g

・対応ハードウェア:PC,スマートフォン,PlayStation,Nintendo Switch,Xbox

・保証期間:2年間

ゲーム音質について

標準の音質

音質に関しては高低のバランスが非常に良く聞きやすいと感じました。
重低音もしっかりと聞くことができるためゲーム内の様々な音をしっかりと聞くことができます。
どのヘッドセットでもこの辺りは個人差で異なると思いますが、やはりGSP600 は格段に違うことが認識できます。

当方このヘッドセットをDead by daylightとOverwatchで使用してみましたが今まで使用してきたヘッドセットよりもクリアにきくことができました。(使用機種:H3、RevoliverS、Hyperx alpha)

とくにFPSにおいては「定位がしっかりとし不自然でない良質な音質」と感じました。
銃声・足音・息遣いどれも自然に把握できるのでそのあたりはさすがEPOSだと思いました。

当方が良くプレイする「Dead by daylight」のキラー使用時に特に恩恵を受けたと実感できたところは
サバイバーが草むらでしゃがんで移動している音をはっきりと確認できたことです。

今までも聞くことはできましたが、ここまで違うのかと感動したほどです。

astro mixamp使用時の音質

当方愛用している「mixamp」を重ねることで更に音質は向上します。
他社商品ではありますが相性は非常によく、どこから音がするか更に判断しやすくなっています。

但し、元の性能が優秀だったため特段サウンドカードを使用しなくとも音はしっかり聞き取れるので
非常に優秀なヘッドセットだと感じました。

ゲーム使用時所感

・定位がはっきりしていて判断しやすい
・Mixampなどのサウンドカードとの相性◎
・密閉型の為夏場は蒸れそう
・マイクミュートオンオフが簡単
・重いので長時間利用には不向きかも(筆者6時間連続使用も特に疲れなし)

さいごに

使用した感想としてどのゲームでも非常に高音質でゲームができるヘッドセットです。
音楽再生でも音響メーカーなだけあってさすがの一言!

多ジャンルのゲームをやってみた結果、定位が分かりやすい等鑑みると
間違いなくFPS向けのゲーミングヘッドセットではないでしょうか。

またサウンドカードとの相性がいい点も非常に評価できます。

特に購入をおすすめできるターゲット層としては

・とにかくFPSで勝ちたい!!!
・EPOSのゲーミングヘッドセットが欲しい方
・Mixamp等のサウンドカード使用者

ABOUT ME
bushikamen
主にゲーム、ガジェットの紹介の紹介を行っています