ゲーミングイヤホン

【ランキング】FPSにおすすめなイヤホンBEST5【2022年】

FPSで勝てるようになりたいけど、どのイヤホンをつかったらいいかわからない。

ゲーミングヘッドセットも良いけど疲れにくいイヤホンがいいな!プロの配信見てるけどイヤホンは何を使っているの?

そんな悩みを解消できるようランキング形式でまとめてみました。

当方これまでゲーミングヘッドセットを使ってきましたが、今年に入ってからはイヤホンをメインに使用しております。

今回は実際にプロが使用しているイヤホンだったり、当方が使用した所感含めBEST5を紹介します。

なお、今回はFPSゲームでプレイすることを前提に紹介しますので、MOBA、MMORPGをプレイされる方は今後FPSをプレイする際の参考にして頂ければと思います。

良いイヤホンを使う理由は「勝つため」です。

当方が思う勝率の上がる「三種の神器」の定義があり、1つ目が「触覚」のマウス。2つ目が「聴覚」のイヤホン・ヘッドセット、サウンドカード。3つ目が「視覚」のモニターです。

今回は 「聴覚」のイヤホンを紹介していきます。

尚、三種の神器の1つの「触覚」の記事に関してはこちらにランキングがありますので是非ご覧下さい。

【初心者】FPSにおすすめなゲーミングマウスBEST5【2022年】 FPSで勝てるようになりなりたいけど、どのゲーミングマウスをつかったらいいかわからない。無線がいいのか、ボタンは多いほうがいいのか、ど...

押さえておきたいポイント3つ

BEST5に行く前に押さえておきたいポイント3つ紹介します。

このポイントをおさえておくだけで一気に候補を絞ることができます。

有線のイヤホンをえらぶ

ワイヤレスタイプだと通信速度が安定しない点が大きな理由になります。

今回の記事はあくまで『FPSにおすすめ』を重要視しております。通信速度は有線タイプと同等の速度は出ています。あくまで「安定しない」ということです。とくにBluetooth接続は安定性、遅延など体感できるレベルです。

また、通信速度の安定性以外にも以下のデメリットがワイヤレスにはあります。

1.有線よりワイヤレスの方が高額である
2.有線よりワイヤレスの方が重量がある
3.サウンドカード(USBタイプ)に接続することができない

ワイヤレスタイプはケーブルの煩わしさがないのがメリットです。

カナル型がいい

外部からの音を遮断してくれるため、小さな足音や銃声の音も聞きやすいです。ゲーム環境に依存しますが家庭内環境音も入ってくるインナーイヤー型が有利に動くとこはほぼありません。

インナーイヤー型のメリットは以下
1.長時間使用に向いている
2.装着しやすい

価格は高めのものがいい(性能がいい)

イヤホンは安いものより高いものを選びましょう。

「定位感」「音域」など数多くあります。

FPSではよく「ドンシャリ系」という足音や銃声が聞きやすいイヤホンがおすすめです。

更にサウンドカードの相性も抜群でよりイヤホンの性能を引き出すことができます

【DbD】におすすめなサウンドカード【イコライザー】ゲーミング用のサウンドカードを探している。でも種類が多くてPC、PS4、PS5どれに対応しているかわからない。いったいどれを選んだらいいのだろうか。と悩んでいる方。もっと勝率上げてボコりてぇぇと考えてるかへ!!!!...

ゲーミングヘッドセットおすすめランキング

第5位 アップル(APPLE) EarPods
今回紹介するイヤホンの中で1番安価なAppleのイヤホンになります。価格も2000円で購入が可能。意外とゲームで使用できるイヤホンであり海外のプロゲーマーを始め多くの人が利用してます。

出典:Amazon

価 格
指向性
迫 力
遮音性
装着感

・価格2000円とエントリーモデルに最適
・コンビニでも買える
・定位は認識可能

性能は十分に使用可能レベル。中途半端な価格のイヤホンより遥かに定位がわかる。インナーイヤー型という事もあり長時間使用していても疲れにくい。但し遮音性は皆無であり、音の重量感も高額なイヤホンと比較すると音が軽く聞こえます。とりあえずコスパの良いイヤホンが欲しい方におすすめです。コンビニでも買えるはかなり良い!

created by Rinker
Apple(アップル)

第4位 レイザー(Razer)Hammerhead Duo
Razer社が誇るゲーミングイヤホンです。今回紹介する中でゲーミングと名の付いた唯一のイヤホン。高級感のある質感でゲームに特化したイヤホンになります。価格も1万円弱と比較的購入しやすい価格です。また定期的にセール対象にもなっています。

出典:Amazon

価 格
指向性
迫 力
遮音性
装着感

・1万円以下で購入可能
・イヤホン本体の質感が非常にいい
・やや高音よりも足音は拾ってくれる

銃声や足音は1万円以下のイヤホンとしては割と拾ってくれるゲーミングイヤホンです。但し、高音がやや強めなので「ドンシャリ」とは言い難い。優秀だけど何かが足りない様なイヤホンで、1万円を切るイヤホンの限界の性能といえます。しかし、このイヤホンは定期的にセール対象になり4000円~6000円の価格になることがあります。5000円以下で購入できた際はかなりお買い得なのでセール時を狙ってみるのもいいかもしれません。

第3位 ゼンハイザー(Sennheiser) IE 100 PRO
音響メーカーのSennheiserが手掛けるだけあってバランスの良いイヤホンです。低音はしっかりしており、定位感もよく、足音もかなり聞き取りやすいです。但しマイクが備わっていません。

出典:Amazon

価 格
指向性
迫 力
遮音性
装着感

・耳掛け型安定した装着感
・低音が強く足音が認識しやすい
・値段が15000円程とやや高め
・マイクがない
・リケーブル可能

さすが音響メーカーのイヤホンです。定位感は強く低音も割と強いです。

マイクがないイヤホンとしてはやや高めの15000円程。マイクがあったら2万円弱の値段になっている為、VC使わない方、いわゆる「聞き専」であれば下手にマイクがついている中途半端な価格のイヤホンを買うより聞くに特化したこのイヤホンはかなりおすすめします。但しVCをするのであれば別途マイクの用意が必要です。

当方もこのイヤホンを使用してみましたが「イヤホンってかなり良い」ときっかけになったイヤホンです。

第2位  シュア (SHURE)  SE215
音響メーカーシュアのイヤホンです。VALORANT、APEXのプロゲーマー御用達の安定したイヤホンになります。発売してから何年も経過していますが今尚根強い人気を誇ります。

出典:Amazon

価 格
指向性
迫 力
遮音性
装着感

・価格が13000円と3位のIE 100 PROより安い
・シュア掛けと安定した装着感
・プロゲーマー使用者多数
・リケーブル可能

正直3位のSennheiser「IE100」と悩みました。どちらも使用した感じ非常に良く、甲乙付けるのが難しい順位付けでした。「足音」は、ややIE100の方が聞こえる感じはしました。では、なぜSE215を2位にしたかというと、まず「マイク」があるという事。そして装着感もSE215の方がよく、長時間使用も安定していました。この2点の理由によりややSE215の方が順位上になる結果となりました。定位も認識しやすく遮音性もしっかりしています。とりあえず、「FPSで勝ちたい」という方におすすめです。

第1位  ボーズ(Bose )QuietComfort 20
音響機器メーカー「BOSE」のイヤホンです。プロのFPSプレーヤーの多くがこのイヤホンを使用しております。このイヤホンの特徴は何といっても「ノイズキャンセリング」です。他イヤホン、他ヘッドセットにはない遮音性を味わうことができます。

出典:Amazon

価 格
指向性
迫 力
遮音性
装着感

・ノイズキャンセリングが化け物
・BOSE特有の重低音がFPSに最適性
・プロゲーマー使用者大勢
・装着感が抜群

まず、このイヤホンの弱み・弱点を紹介します。

・リケーブルができない
・価格が3万円とSE215、IE100の倍以上
・ノイズキャンセリングは充電要

本当にこれだけです。今まで使用してきたイヤホンやヘッドセットは既に箱に収納してしまいました。一応GSP600だけはいつでも利用できるように残しています。

BOSE特有の重低音の恩恵で2位のSE215、3位IE100のイヤホンより足音や銃声が認識しやいです。

そしてここから「ノイズキャンセリング」という機能で更に輪を掛けてより足音や銃声が聞こえるようになります。

ノイズキャンセリング機能がない場合は「今日は疲れたしイヤホンでいいや」または「今日はヘッドセットでいくか」の2択でゲームを楽しむことができます。

それがノイズキャンセリング機能があることで「QuietComfort 20」一択になってしまうのです。

プロがコゾッて使う理由が分かります。

絶対にFPSで勝ちたい!一番足音が聞こえるイヤホン・ヘッドセットが欲しいという方はQuietComfort 20を購入すれば間違いありません。

【QC20】プロゲーマー使用者多数FPSに最も最適なイヤホン【QuietComfort20】FPSで最強のイヤホンといったらBOSEのQuietComfort20という位プロゲーマーも使用しています。ノイズキャンセリングが別格であり勝敗に大きく左右される位足音や定位を把握することができます。3万円と高額ではありますが、それに見合った性能を持ち合わせております。...

まとめ

今回紹介してきたイヤホンは当方の正直な感想です。

5位~1位を見てもゲーミングと名の付いているものは1つだけで他は「音響メーカー」。

「餅は餅屋」

音を生業としているメーカーに敵うわけありません。勿論音響メーカーではもっと高額なもっと繊細な音を出すイヤホンはありますが、それを言い出したらピンキリです。しかもそのイヤホンがFPSに向いているかどうかはまた別のお話。

今回紹介した5つのイヤホンはコスパイヤホン、コスパは捨てた勝つためのイヤホンと二極化してしまいましたがどれも素晴らしいイヤホンです。

5位のEarpodsはお手軽さ、4位のHammerheadはセール時狙い、3位2位のSE215IE100は僅差、そして1位のQuietComfort20は他を凌駕するイヤホンとなっています。

またサウンドカードを使用する事でより足音や銃声が聞こえやすくなります。イコライザーの設定によりイヤホン本来の性能に輪を掛けることができより勝利に繋がります。

【DbD】におすすめなサウンドカード【イコライザー】ゲーミング用のサウンドカードを探している。でも種類が多くてPC、PS4、PS5どれに対応しているかわからない。いったいどれを選んだらいいのだろうか。と悩んでいる方。もっと勝率上げてボコりてぇぇと考えてるかへ!!!!...

今回の記事が皆様のイヤホン選びの参考になればと思い記事をまとめてみました。

ABOUT ME
bushikamen
主にゲーム、ガジェットの紹介の紹介を行っています